FC2ブログ
THE FEW Pherrow's KADOYA Schott SPIEWAK VANSON
Lewis Leathers Highwayman Mascot USED他(各種ブランド)
REDMOON M.F.P. CLOTHING BRANCH  Thunderbolt Market  その他
フライトジャケット&ライダースジャケット・プロショップ「GORILLA」

PCX150のお話し...その1?

革ジャン GORILLA 高円寺 フライトジャケット ライダースジャケット デニム THE FEW A-2 B-3 B-6 D-1 G-1 MA-1 タンカース Lewis Leathers ルイスレザーズ KAMIKAZE カミカゼアタック IRON HEART MADMAX マッドマッ

GORILLAで使うバイクが二台とも小排気量スクーターになっちゃったのは前回お話ししました通り。

早速PCX150につきまして、拙者が感じたことを書きたいと思います。
と申しましても、まだ百数十キロしか走ってないんですけどね(笑)

で、です、PCX150はたかだか排気量150ccのスクーターなんで250や400と比べてもあんまり意味が無い。
高速道路での快適性や、官能的な加速とスピードが欲しきゃ相応のバイクを買えばいいんですから。

ですから、ここではほぼ同じようなシチュエーションで利用されるであろう原付二種クラスのスクーター、具体的にはもう一台のスズキのアドレスV125Gとの比較でいきたいと思います。

おっと、あくまで30年以上バイクに乗り続けてるただのバイク好きなオッサンの個人的な感想ですからね、あまり真に受けないように(笑)


<ボディ&サイズ>

150が出る前から125のPCXが販売されてた訳ですから、拙者そのサイズ感は分かってるつもりだったんですが…
やっぱりアドレスと比べるとひと回りデカい!

最初からGIVIのボックスとロングスクリーンを付けての納車です。
このボックスの後ろへのはみ出しまで入れますと、結構なデカさに。
ですから、駐車スペースはそこそこ排気量のある二輪並みにに必要ですな。

このデカい?ボディ故、第三者がパッと見で受ける印象もアドレスとは比較にならないでしょうな。
つまり、停め方や停める場所によって「デカくてジャマだなぁ~」と感じられることが他の小型の原付二種より多いでしょうし、実際にそうなることもありえるってことです。
こりゃちょっとした駐停車にも気を遣いますな。

さて、PCX150は、30万そこそこのスクーターの割には安っぽさの少ない作り込みになってます。
いかにもチープ感漂うって感じじゃないのは好感が持てますな。

ちょっと前まで感動するような技術革新や、大した性能アップもないのにジャンジャカ価格を上げてきた国産メーカーにしては頑張ってるかなと。

PCX150の車両価格って、拙者のこれ(THE FEW B-3 LIBERATOR)とほぼ同じですからね(笑)
革ジャン GORILLA 高円寺 フライトジャケット ライダースジャケット デニム THE FEW A-2 B-3 B-6 D-1 G-1 MA-1 タンカース Lewis Leathers ルイスレザーズ KAMIKAZE カミカゼアタック IRON HEART MADMAX マッドマッ


<発進>

0(ゼロ)発進ですが、アクセルを開けてすぐにアドレスよりもトルクがあることが感じられますな。
グッと前に出る感じです。

で、実際に速いのか?

これが速くないんだ(笑)
125よりも盛られたトルクを車重が相殺しちゃってる感じでしょうか...

実際のスピードの乗りは、トルク感なんてまるで感じませんが軽量小型のボディをひょこっと前に押し出すアドレスとそう変わらない感じですな。

環七でヤマハのシグナスXとゼロ発進で比較しましたが、PCX150にフルスロットルをくれてやっても全くと言っていいほど同じ加速でした。


<実用速度域>

PCX150の時速40キロ~70キロの実用速度域?のフィーリングですが、

エンジンのアクセルへのツキと、回転フィールはなかなかに気持ちいいですな。
旧PCXで言われてたトルクの谷も感じられません。
スムースというのがピッタリのフィールです。

速くはないけど、とても気持ちよく実用十分な加速で速度を乗っけてくる感じです。

ただね、そこはやっぱり150cc、気持ちいいレスポンス&エンジンフィール、そしてそれなりのトルク感を感じる割には、実際の車速が(期待するほどには)ついてこない(笑)

でね、改めて確認したんですけど、アドレスって時速40キロ~60キロあたりでアクセルをワイドオープンした時のトルク感てスッカスカなんですわ。
にもかかわらず、それなりの加速で速度を乗っけてくるんですな。で、70キロあたりから回転の上がったエンジンが元気になる。

つまり、この速度域でアクセルをワイドオープンして加速してみると…

「あ~、アクセルへのつきもエンジンフィールも気持ちいい~、ボディも安定してる~、スムースに加速してるな~、こりゃそこそこスピード出てるぞ、きっと…」

「あれ、そんなでもないや(笑)」ってのが、PCX150

「トルク感なんてスッカスカのエンジンだし、安すっぽいサスの動きとヒラヒラ・ヒョコヒョコのボディ&挙動だし、ど~せたいしてスピード出てないよね?」

「あれ、結構スピード出てるじゃん(笑)」ってのが、アドレス

この二台、乗り比べると受ける印象はかなり違うんですが、実運用上の利用速度と、その速度での加速はほどんど差が無いと拙者は感じました。


<実用>

PCX150のシート下にはそこそこの収納スペースがあるのですが、リヤシートの下あたりは深さが無く、実際に使えるのはライダーの尻下部分ですな。

フロントパネル左の開閉式のポケットは、こりゃもうオマケです。
タオル一本まともに突っ込めません。

ボディマウントの純正ロングスクリーンですが、思ったほど効果が無い(笑)
これね、アドレスのハンドル(ミラー)マウントのスクリーンの方がはるかに効果がありますな。
高速道路だとまた印象が変わるかもしれませんが…
あ~、PCXもハンドルマウントのスクリーンにしときゃよかったかな…


<直近の総評>

でね、二台のスクーターから受ける印象では、サス、フレーム、外装を含むボディのクオリティからエンジンフィールまで、PCX150の方が明らかに一枚上手、ワングレード高い感じを受けるんですが…

今回拙者はアドレスというスクーターのパッケージングの上手さを再認識してしまったんですわ。

以下にアドレスの長所を挙げますと、

・都心の渋滞路から、入り組んだ路地まで、グングン進めてヒラヒラかわし、クルクル回れる小型軽量ボディ
・トルク感は無いけど、必要十分な加速性能を持つエンジン
・フラットフロアでPCX150を上回る積載性を発揮できる実用性
・そして、非常にコンパクトでありながら、身長177-178センチの拙者がまるでストレスを感じないポジション


実はPCX150の導入で、PCX150が拙者の利用スタイルにおいてアドレスと置き換えられるなら、拙者アドレスを手放してもいいと思ってたんですが…

いやもうね、アドレスの実用性・利便性と、そのお気楽さは異常!(笑)

無理、アドレスを手放すのは!

だって、高円寺の駅前のスーパーへの買い物にゃPCX150じゃ無理(笑)
PCX150だとペットボトルのケース買いも出来ないし。
炎天下の通勤だって、アドレスだとフロントポケットにサクッとペットボトル入れられるし。

てことで、拙者にとってPCX150のアドバンテージは、まさに排気量が150ccであること。
これに尽きます。

「高速道路は使わない。都心部での通勤&買い物に日常的に利用する。」という使い方なら、拙者は迷わずアドレスを選びますな。


てことで、PCX150について感じたことを書いてみました。

今後より走り込み、使い込めば、また印象も変わってくるかもしれませんな。

また機会があれば書いてみようかなと思います。



2012/08/03(金) 16:56:33| バイク |「GORILLA」ショップHPへ
| ホーム |

このブログについて

  • 革ジャン=フライトジャケット&ライダースジャケット専門店「GORILLA」店長マッシャーが、日々徒然なるままに綴るブログです。
  • マッシャー
  • マッシャー
  • 1962年モノのマッチョなバイカー。見た目はゴリラだが、硬派になりきれないミーハーとの噂も。
  • 「GORILLA」ショップHPはこちら
  • gorillianをフォローしましょう
  • CALENDER

    06 | 2020/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    Copyright © 2005- WRIVER Inc. All rights reserved. 禁・無断転載